やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2020/05/19
特別定額給付金への所得税の課税の有無

[相談]

 先日、私の住む市町村では「特別定額給付金」の申請受付が開始されました。
 1人当たり10万円の給付が受けられるとのことだったので、早速申し込みをし、現在は役所からの振り込みを待っている状態です。
 そこでふと心配になったのですが、この特別定額給付金に所得税が課税されるようなことはないでしょうか。


[回答]

 ご相談の特別定額給付金に対しては、所得税が課税されることはありませんので、ご安心ください。


[解説]

1.特別定額給付金とは

 特別定額給付金とは、当初、4月7日に閣議決定された新型コロナウイルス感染症緊急経済対策が4月20日に一部変更された際に実施することとされた、1人あたり一律10万円の給付を行うという国の施策です。
 給付対象者は、令和2年4月27日の時点で、各市区町村の住民基本台帳に記録されている人です。また、受給権者は、給付対象者の属する世帯の世帯主です(このため、特別定額給付金の申請は世帯主が行い、世帯主が世帯分をまとめて受け取る形となっています)。
 申請方法は、「マイナンバーカード」を利用し、「マイナポータル」にてオンラインによって行う方法と、世帯主あてに送られる申請書類に必要事項等を記入して郵送する方法の2通りがあります。なお、申請にあたっては、振込先口座確認書類等の添付書類が必要とされています。

2.特別定額給付金への課税の有無

 4月30日に公布・施行された国税関係法律の特例法では、「新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止のための措置の影響に鑑み、家計への支援の観点から、市町村又は特別区から給付される特別定額給付金については、所得税を課さない」と定められています。
 したがって、今回私達が受け取る10万円の特別定額給付金に対しては、所得税は一切課税されないこととなります。


[参考]
 新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための国税関係法律の臨時特例に関する法律4、新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための国税関係法律の臨時特例に関する法律施行規則2、「「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」の変更について」(令和2年4月20日閣議決定)など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
税理士法人 西濃会計事務所
〒503-0805
岐阜県大垣市鶴見町283-1
地伸ビル3階
TEL:0584-78-4353
FAX:0584-75-3990
メールでのお問合せ