やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2019/01/22
セルフメディケーション税制/対象者全員が「一定の取組」を行う必要がありますか

[相談]

 私の確定申告をする際に、セルフメディケーション税制による所得控除を適用することを考えています。この所得控除の対象となる、いわゆるスイッチOTC医薬品について、私以外にも家族が服用した分も含めるつもりです。このような場合、申告者本人である私以外にも服用した家族全ての者が「一定の取組」を行う必要があるのでしょうか?


[回答]

 申告者本人以外の者が「一定の取組」を行う必要はありません。


[解説]

 セルフメディケーション税制による所得控除を適用するには、その適用年分において申告者本人が「一定の取組」を行う必要があります。

 そのため、申告者本人が「一定の取組」を行っていれば要件に足り、申告者本人以外が「一定の取組」を行う必要はありません。


[根拠法令等]
 措法41の17の2、大阪国税局「個人課税関係誤りやすい事例(所得税法関係) 平成29年版」など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
税理士法人 西濃会計事務所
〒503-0805
岐阜県大垣市鶴見町283-1
地伸ビル3階
TEL:0584-78-4353
FAX:0584-75-3990
メールでのお問合せ