やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2018/06/12
会社設立と消費税納税義務免除

[相談]

 私はかつて個人事業を営んでおりましたが、事業の急成長に伴い、会社を設立(法人成り)し、現在は会社で事業を営んでいます。
 設立した法人の資本金は500万円で、設立事業年度(第1期:2017年6月1日から2018年3月31日までの10か月間)の消費税の課税売上高は1億円(毎月1,000万円ずつ計上)、給与支払額は2,000万円(毎月200万円ずつ計上)でした。

 消費税については、第1期は免税事業者に該当(資本金1,000万円未満のため)したのですが、第2期(2018年4月1日から2019年3月31日までの12か月間)については、消費税の納税義務は発生するのでしょうか。


[回答]

 ご相談の場合、第2期については消費税の課税事業者となります。したがって、第2期については消費税をご納付いただくこととなります。


[解説]

1.設立第1期の消費税の納税義務

 新しく設立した法人の第1期については、消費税法上の基準期間(前々事業年度)がないため、原則として消費税の納税義務が免除されます。


2.第2期の消費税の納税義務

 第2期についても、基本的な考え方は上記1.と同じなのですが、それに加えて、特定期間(後述)の課税売上高と特定期間中に支払った給与等の金額によって、第2期の消費税の納税義務を判定することが必要となります。

(特定期間とは)
 消費税法上の特定期間とは、会社(法人)の場合は、原則としてその事業年度の前事業年度開始の日以後6月の期間をいいます。このため、ご相談の場合の特定期間は、第1期の開始日から6か月間(2017年6月1日から11月30日まで)となります。


 法人の特定期間の課税売上高が1,000万円を超えますと、当課税期間の基準期間がない場合であっても、当課税期間は消費税の課税事業者となることとされています。ただし、この1,000万円の金額判定は、課税売上高ではなく特定期間の給与等支払額の合計額を用いることができるため、実務上は、課税売上高と給与等支給額双方が1,000万円を超えているかどうか確認しており、双方が1,000万円を超えている場合に課税事業者として判断しています。

 ご相談の場合、第2期は基準期間(前々事業年度)がないものの、特定期間(2017年6月1日から2017年11月30日)の課税売上高は6,000万円(=1,000万円×6か月)、特定期間の給与等支払額は1,200万円(=200万円×6か月)となり、いずれも1,000万円を超えています。したがって、第2期は消費税の課税事業者に該当し、消費税の納付義務が発生することとなります。


※なお、法人の前事業年度が7か月以下である場合には、その期間は特定期間に該当しないこととされています。したがって、その場合には前事業年度の課税売上高(または給与等支払額)による判定の必要はなくなります。

 今回のご相談の場合では、設立第1期の事業年度の期間の設定次第では、第2期の消費税の納税義務が免除される可能性がありました。消費税法上のメリットをできるだけ享受したいと考えられる場合には、ぜひ法人設立前に当事務所へご相談ください。


[根拠法令等]
消法2、9、9の2、消令20の5など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



行政書士報酬と源泉所得税2018/06/05
介護付有料老人ホームのサービスの消費税課否判定2018/05/29
消費税軽減税率と免税事業者2018/05/22
会社が赤字でも支払わなければならない税金2018/05/15
源泉所得税の納期特例の開始月2018/05/08
青色申告特別控除額の見直し2018/05/01
個人事業者と消費税の納税義務免除2018/04/24
開業年分の確定申告と少額減価償却資産の特例2018/04/17
イデコ&退職金のダブル受給と所得税2018/04/10
個人白色申告と帳簿付け2018/04/03
得意先招待旅行と交際費2018/03/27
医療法人との産業医契約と源泉所得税2018/03/20
贈与なのに譲渡所得税が発生?2018/03/13
仮想通貨所得と住民税の確定申告2018/03/06
仮想通貨雑所得と予定納税2018/02/27
お問合せ
税理士法人 西濃会計事務所
〒503-0888
岐阜県大垣市丸の内2-7
TEL:0584-78-4353
FAX:0584-75-3990
メールでのお問合せ